仮面ライダー電王とプリンセスプリンセスD

仮面ライダー電王 仮面ライダー、至上最年少の俳優、佐藤健(さとう たける)さんは今春、高校を卒業したばかり。
毎週、日曜朝8時から放映される、仮面ライダー電王では、とことん運に見放された少年、良太郎を演じています。

気の弱い良太郎と、モモタロスなどのイマジンが憑依した状態での強い良太郎の変身は、佐藤健さんの俳優としての演技力に注目です。
目が赤くなった状態では、特別製のコンタクトレンズを使用しているとか。
肉体的に、演じる俳優、佐藤健さんにかかる負担はかなりのものとか。

仮面ライダー電王で、旬な俳優となった佐藤健さんですが、プロフィールでも書いたように、注目のドラマ、プリンセス プリンセスD
の姫役での出演されています。

女装した佐藤健さん、プリンセス プリンセスDでは、一体、どういう一面を見せているのでしょうか。
仮面ライダーと女装高校生の姫、普通では当然結びつかない、この役を、俳優 佐藤健は演じているのですね。


佐藤健さんが、河野亨役で出演の、プリンセスプリンセスDを少し紹介!!

つだみきよさん原作、プリンセス プリンセスの実写版ドラマが、
プリンセス プリンセス Dとなります。

プリンセスプリンセス紹介!!

男子校の私立藤森学園高等部では、生徒に潤いを与えるために、容姿端麗な生徒に女装をさせる『姫』と呼ばれる制度があった。
主人公の『姫』は、そういう制度があることを知らずに藤森学園に入学した。
が、その美貌ゆえ『姫』に認定されてしまう。
内面に悩みを抱えている『姫』が同じ『姫』の仲間達との交流の中で自分というものを確立していく学園コメディー。

登場人物
『姫』河野亨(俳優:佐藤健)
『東の姫』四方谷裕史郎(俳優:藤田玲)
『西の姫』豊実琴(俳優:鎌苅健太)
『生徒会長』有定修也(俳優:斎藤工)

プリンセス プリンセス D(ドラマ版)では、豊実琴が主人公となっています。
また、ドラマオリジナルとして、花園音也(俳優:中村優一)が、転校してきて、『新生徒会』『黒姫』を結成し、
姫や有定ら、現生徒会と対立するあらすじです。

佐藤健さんの演じる河野亨は、時期外れの転校生で、その美貌ゆえ転入早々、姫に選ばれる。
クールで現実的な性格で、特典に釣られて引き受けた姫の活動を仕事と割り切る性格。
幼少期に両親を亡くし、叔父の家で育てられる。
義理の妹のさやかによる、ストーカー並みの求愛から逃れるため、藤森学園に転校してきて寮生活をしている。
好みの女性のタイプは癒し系というのが、原作の設定です。